投稿

1月, 2018の投稿を表示しています

大公開!鈴鹿ツインサーキットの撮影ポイント!

イメージ
全国1,000万人の鈴鹿ツインサーキットファンの皆さん、こんにちは。
鈴鹿ツインサーキット非公認カメラマンのおじゃるです。

今回は、鈴鹿ツインサーキットの撮影ポイントを紹介します。
それぞれのポイントでどんな写真が撮れるか、何ミリの望遠レンズが要るかなども書きます。
・文中に出てくる何mmというのは、換算後の焦点距離で書いてます。つまり実焦点距離が400mmレンズなら、APS-Cカメラ換算で600mm~640mm程度になります。
・なお、撮影対象はバイクを想定しています。

<ポイントA>
・高速コーナー狙いです。
・高速コーナーでマシン正面〜斜め手前方向に走るマシンが撮れます。
・最低で600mm以上でないと大きな写真が撮れません。
・ギリギリ400mmでも撮れますが、結構トリミングします。
EOS kiss x7 + EF70-200mm F2.8Ⅱで撮影。かなりトリミングしたので換算700mm以上の画角かな。



<ポイントB>
・ポイントAに近い位置です。
・超望遠レンズ(800mmクラス以上)なら何とか第一ヘアピンを立ち上って来るマシンも狙えます。
・高速コーナーで真横に走るマシンを撮れます。
・メインストレートも撮れます。
・最低で600mm以上でないと大きな写真が撮れません。
・高速コーナーに入ってからならギリギリ400mmでも撮れますが、結構トリミング要ります。
・以前300mmで撮りましたが、トリミングし過ぎでまともに観られる写真になりませんでした。
EOS kiss x7 + EF-S 55-250mm Ⅱだったかな?結構トリミングしており換算700mm位かな。



<ポイントC>
・ストレートエンドで結構なスピードで走るマシンを狙えます。
・土手からの撮影となります。
・イン側に倒して走るバイクなら角度的にほぼ真上からの撮影となります。
・個人的にはあまりカッコ良い写真が撮れないポイントです。
・300mmで十分です。
ペンタックスK-S1 + 55-300mm、換算300mm付近で撮影。



<ポイントD>
・第二コーナーをメインで撮ります。ただ角度的にはリア側からの撮影となります。
・また、第一コーナーに進入してくるマシンも撮れなくはないですが、結構厳しいです。
・昼からだとほぼ逆光になるので、天気が良ければドラマチックな写真が撮れます。
・第二コーナ…

撮り初め!平成30年1月6日鈴鹿ツインサーキット朝練を撮って来た!

イメージ
鈴鹿ツインサーキット非公認カメラマンのおじゃるです。

<ライダーの皆さんへ>
・画像をクリックしてもらうと大きなサイズで観られ画質も少し良くなります。ただ、プリントできる程の大きなサイズではありません。
・もし気に入った写真があれば、ご自身のブログなどでご自由にお使いください。
・一番下にコメント欄がありますので、何でも結構ですからコメントもらえると嬉しいです。

あいころさんご夫婦が来ておられた。
最近知った「タイヤウォーマー」。
出撃前には、グローブもウォーマーで温めるという裏技をしておられた。
今度はおいらも体に巻いてもらって温めてもらおう。

おぉ〜!ファインテクニカル レーシングマシンが!
あのY社長もおられた!
挨拶できてラッキー!今年もよろしくお願いします。
ライド、今から楽しみです。
ファインテクニカルさんの周りは特にセレブで明るい雰囲気が漂っている。
相変わらず美しいマシン。カッコ良い〜!

出撃直前のあいころさん。 タイヤもグローブもポッカポカ。 でもエンジンを暖気して無かったような・・・
「あいころ行きまぁ〜す!」(ガンダムのアムロ風)。

ここから下は走行写真です。